*本ページにはプロモーションが含まれています

閉経後の悲しい症状中年太り!太る理由はエストロゲン減少にあり

2019-06-24

閉経後、お腹が急にぽっこり出てきた、食べる量は変わらないのに体重が増え始めた、食べた覚えはないのに全然痩せない、そんな状況に身に覚えはありませんか?

女性の人生の中でも閉経というのは生理の始まりと同じくらい大きな区切りです。

生理が始まって、子供だった体が大人になったと感じるように、閉経を迎えて女性の役割を果たしたという達成感があるかもしれません。

また生理痛が酷かった方は、1ヶ月に1回やってくる疎ましかった奴から解放されたなんて思う方もいるかもしれません。

そんな閉経ですが喜ばれる方が多い中、閉経を迎えた直後に新たな悩みが・・・・

それは中年太り!

今まで通りの食生活や生活環境の変化も無いはずなのに・・・。

貯金は減って行くのに、体重だけはどんどん増えるのはやるせないですよね(笑)

何故閉経後に太るのか知って、すぐにでも対策を立てましょう。

スポンサーリンク

女性の中年太りは閉経が原因?

中年太り
では女性に起こる中年太りは閉経が原因なのでしょうか?

答えはイエスです。

もちろん更年期に入りますので様々な要因が細かく存在しているのですが、やはり閉経は女性だけのもの。

そんな女性にしかないものがなくなったら何となく身体に変化が訪れるのは想像に容易いと思いませんか?

もしかしたらいわゆる中年期と言われる40代、50代になってすぐ身体に変化が現れてあたふたしていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ちなみに閉経を迎えるタイミングは初潮同様個人差があります。

平均年齢は50歳で45歳から55歳くらいの間と言われています。

一説では生理が早く来た人は閉経も早めにくる方が多いようです。

やはり中年期にばっちり当てはまる年齢ですね。

まだ迎えていないという方も急に来て驚くことのないように心構えしておきましょう。

閉経後に太る理由はエストロゲンの減少

では何故閉経後に太るのでしょうか?

それはホルモンの影響が大きく関係してきます。

まず、閉経が訪れると女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

エストロゲンは妊娠を経験した方は結構耳にした方も多いはずです。

このエストロゲンですが妊娠、出産が全てではありません。

実は肥満の影響を与える要因をつくる特質を持っています

女性と言えばどんな体型を想像しますか?

もちろん個人差や運動量によって体つきも変わりますが、女性らしいシルエットというのは男性にないくびれに胸やお尻が柔らかく、まぁるいスタイルが一般的です。

これを作っていたのがこのエストロゲンです。

どうしてこんな体型でいられたのかというと、エストロゲンが内蔵脂肪を減少させていたからです。

内蔵脂肪を減少させることでお腹まわりがスッキリするのです。

また脂肪そのものを燃焼させていたのもエストロゲンです。

若い時は細かったなんて方はこのエストロゲンの恩恵にあずかったからなのです。

「昔の私はバンビみたいに細い足でえ~・・・」

なんて事言う人いますが、若い頃はエストロゲがバリバリ出ていたから細かったのです。

そして満腹ホルモンの分泌を調整していたのもエストロゲンなのです。

もうほぼエストロゲンが女性の体を作ったと言っても過言ではありません。

もうお分かりのように、エストロゲンは女性の体型の要だった訳です。

そのため、このエストロゲンが閉経によって減少すれば必然的に太ってしまうのです。

おばさん体型にならない為の対策は?

有酸素運動
ではもう為す術はないのでしょうか?

そんな事はありません。

日々の積み重ねさえ気をつければ太らないという事も可能です。

ただ、あの頃は簡単に痩せられたのにというようにと言われる方がいます。

しかし現在のあなたはエストロゲンが減少しているのですからあの頃と同じような事をしていても痩せる訳が無い事を理解する事が大事です。

年齢的にあの頃よりは代謝が間違いなく落ちているので少し葛藤があるでしょうし、諦めたくなるかもしれませんが、継続する強い気持ちが一番必要です。

有酸素運動

やはりダイエットには運動ですね。

ただやはり急に無理な運動は返って身体に毒になる可能性があります。

そこでウォーキングやジョギングで有酸素運動を取り入れる事をお勧めします。

あまり長い時間に設定すると段々面倒になってきますので、始めは短め20分弱に設定してみましょう。

まだいける、慣れてきたという事であればどんどん延ばしていきましょう。

コツは最初から無理し過ぎない事です。

量より質を

歳を重ねて、成長する必要はなくなりました。

若い頃は質より量だった方も、是非質を優先させるようにしましょう。

野菜をよく取り入れるのもいいですし炭水化物を抜いてしまうのもいいですね。効果が早く得られます。

どうしてもご飯が大好きという方は玄米や五穀米を混ぜて炊くのをお勧め致します。

身体にもいいですし、噛みごたえがあり満腹になります。是非良い物を取り入れてみましょう。

ジャンクフードは出来るだけ食べないように気をつけましょう。

ながら食いをやめる

中年世代の方にはまだまだバリバリ働いている方もいれば、専業主婦の方もいると思います。

意外に多いのは何かをしながら食べること。

例えば、テレビを見ながら。また本を読みながらなど、何かをしながら食べる行為は満腹にならない上に、自分の中で食べた事にカウントされない事が多いので、要注意です。

いくらカウントされなくても身体はしっかりカウントしています。

もちろんダイエットには向き不向きがありますので、これ以外にも出来ることがあればどんどんして構いません。

ただやはり無理は禁物ですし、続きません。何よりも継続することを1番の目標に掲げて下さい。

まとめ

女性らしい体型はやはり女性ホルモンにあった訳です。

だからといって閉経から逃げる事は出来ません。

まだこれからという方はいつ来てもいいようにもう準備を始めておいていいと思います。

もう過ぎてしまっている方は心を強く持って、ぜひ生活スタイルを見直して取り組んでみましょう。

忙しくて運動や食事制限が出来ないと言われる方必見!

痩せたいと思っていても誰もがそうは簡単にはいかないものです。

それは女性ホルモンのエストロゲンが若い時に比べ大幅に減っているからです。

そんな時はエストロゲンに似た作用をもたらすエクオールがオススメです。

40代~50代の女性特有のお悩みに「キレイ・デ・エクオール」

エクオールを取り入れることで体質改善を図り痩せやすい身体にする事が可能となります。

キレイ・デ・エクオールにはこのようなメリットがあります

 

 

    1. エクオールが高配合

 

    1. 乳酸菌と食物繊維でエクオールの吸収率up

 

    1. リンゴセラミドによる美肌力

 

    1. 更年期特有のイライラやだるさ、気分の落ち込みを改善

 

    1. エクオールが失なわれたエストロゲンの代わりになることから若返り効果

 

  1. 心と体のバランスを優しくサポート

 

中年期の女性にとって更年期障害はイライラ、だるさ、気分の落ち込みなど様々な苦行を課せられるようなものです。

今まで若々しさを保ってこれたエストロゲンが減っていくのですから、女性はこの時期を境に心身共に一気に老けていきます。

子供も大きくなり手がかからなくなったから、私は老けても構わないと言われる方はそのままでもいのでしょうが、多くの女性はいつまでも若々しさを保っていたいと思うはずです。

老化を防ぐにはエストロゲンの代わりをしてくれるエクオールが必須となります。

キレイ・デ・エクオールを毎日取り入れることで老化を食い止め若々しさを取り戻してみませんか?

旦那さんから「最近キレイになったけど何かしたの?」と聞かれるかもしれませんし、

ひょっとしたら最近ご無沙汰だった夜の生活も復活するかもしれませんよ。(笑)

また近所の奥さんからも「なんか若返ったみたい!」と言われてみたい方はぜひキレイ・デ・エクオールを手に取ってみて下さいね。

【寝ながら・家事しながら・仕事しながら】のながら使いでマイナス10歳ボディーをめざしませんか?
スリムパッド

・食事制限なんかしたくない
・様々なサプリを試したけど効果なし
・できれば楽して痩せたい
・忙しくてジムには通えない
・ながらで痩せる事が出来ればウレシイ

女性なら誰でもこのように思いますよね!

女性、特に中高年が一番気になる部位がお腹周りのお肉!

忙しい主婦がいつでも何処でも他の作業をしながら効率的にウエストを引き締める事が出来る

サロンでしか販売されていなかったプレミアムなEMSがついに解禁!

EMS機器で今年こそは10年前の自分の身体を取り戻しましょう。

信頼の日本製

シリーズ累計30万台の販売実績

インスタグラムで#スリムパッドを検索

コアマッスルを鍛えて女子力も鍛えましょう!

今からでも夏に間に合う!

今年こそ自信をもってビキニで勝負!!

スポンサーリンク