尿漏れ対策運動実施中!多くの中年が発祥する原因まとめ

幼児退行と言う言葉はご存知でしょうか?

幼少期などに年下の兄弟が出来た時などに母親に自分をかまってほしい行動を取るいわゆる赤ちゃん帰りの事をいいますが、これには大人もストレスや精神疾患、脳への外傷などから起こる場合もあります。

経度であれば赤ちゃん言葉で話すなどそれほど問題にはなりませんが重度になってくると、まるで大きな赤ちゃん状態となり指をしゃぶったり哺乳瓶でミルクを欲しがったり服の脱ぎ着も自分で出来なくなります。

そしておもらしをするようになりおむつが必要になる事もあります。

赤ちゃんはトイレでおしっこをしなくてはならない理由もわかりませんし、コントロールする理由もわかりませんので当然所構わずおしっこがしたいときにするのが当たり前の事です。

しかし大人はトイレでする意味もコントロールしなくてはならない理由も十分承知していますが、それでも自分の意志とは関係なくおしっこが漏れてしまう「尿漏れ」を中年期に経験し人にも言えず悩む方は多いのです。

それはけっして幼児退行などではなく加齢による筋力の衰えが大きな原因となります。

尿漏れは運動やトレーニングで改善する事ができますので、原因を良く知り対策を行うことが大切なのです。

スポンサーリンク

簡単手軽ペットボトルを使ったトレーニングで尿漏れの悩みを解消

皆さん普段すました顔していますが、40代、50代のおよそ5割の方が尿漏れを経験しています。

あの偉そうな課長さんも、お局さんも実はパンツにおしっこちびっているかもしれないのです。

尿漏れは加齢による骨盤底筋の緩みからきているので中年期になるとある程度は仕方がないことなのではありますが、

仕方ないでは済まされない位に悩んでいる方が多いのも事実。

骨盤底筋を鍛えることによって尿漏れはある程度トレーニングによって改善することが出来るのです。

それはどこの家庭にもあるペットボトルです。

ペットボトルを使いいつでもどこでも出来る骨盤底筋トレーニングの方法をお教えいたします。

特別な道具がなくても出来る骨盤底筋トレーニング法で尿漏れとオサラバ!

骨盤底筋トレーニングはペットボトルのような道具が無くても簡単に出来る方法があります。

電車に乗っている時でも、会社で椅子に座っている時でも、家でくつろいでいる時でも出来るものなので、

是非積極的に取り入れてみましょう。

人体の不思議!ツボを刺激することで尿漏れの症状改善

尿漏れトレーニングはツボを刺激することでも改善することが出来ます。

ペットボトルトレーニングや骨盤底筋トレーニングと共に尿漏れに効くツボを刺激するでさらに改善が期待できます。

よく生理用ナプキンを尿漏れ対策に使っている人がいますが・・・

生理用ナプキンも尿漏れパッドもぱっと見同じようにしか見えません。

しかし両者には決定的な違いがあることから使い分けることが推奨されているのです。

普通考えたらトランクスタイプのパンツには尿漏れパッドは装着できない?

男性のパンツは大きく分けてぴったりフィットのブリーフ派とゆったりトランクス派とに分かれます。

尿漏れに悩む方の秘密兵器ともいえるのが尿取りパッドなのですが、実はこれブリーフ向けに開発されているので

トランクスには向いていません。もし無理に装着すると下手したら歩いているときにパンツから外れ、ズボンの裾から飛び出す大事故につながりかねません。

歩いているときに「スポーン」と取れてしまったら・・・・

でも安心してください尿取りパッドがついているトランクスというものがあるのです。

パンツが男女それぞれ違うように尿取りパッドも男女違うものです

尿取りパッドをお店などで手に取ると「男性用」「女性用」とほとんどの物がわかれています。

それぞれ尿漏れパッドの形は何故違っているのでしょうか?

それは性器形状の違いから尿取りパッドの形状が違っているのです。

使用済みの尿取りパッドってどこに捨てればいいのでしょう?

尿取りパッドを使用していると困ってしまうのが、使用済みの尿取りパッドの捨て場所です。

女性用トイレですと、汚物入れがありますのでそこに入れれば良いと思いがちですが、実は持ち帰りがルールとなります。基本おむつと同じ扱いになりますので、赤ちゃんのおむつ専用ゴミ箱なら可です。
では男性の場合どうすればいいのでしょうか?

尿漏れは特別な病気ではありません原因と対策を知りましょう

尿漏れは中年女性の約半数が悩む症状です。その原因を知り対策を行う事こそが最も大切な事となります。

何故若い頃と違いおしっこが漏れてしまうのでしょうか?

きっと皆様もこのような体験をしているはずです。

・くしゃみの瞬間「ジワッ!」
・重い荷物をもった瞬間「ジョロ!」
・スポーツ中に「チョロ!」
・おしっこをしたすぐ後に後追いでズボンまで「シミ!」

このままにしていると孫から「おばあちゃんおしっこ臭い!」なんて言われるかもしれませんよ?

もしおしっこのキレを改善したいのであれば私も効果改善したこちらの手法でキレのある生活を取り戻してみませんか?

今だけ特別価格ですのでお見逃しなく!
リンクボタン

スポンサーリンク